BLOG

ワンポイント

スタッフブログ

いつもブログを御覧いただき
ありがとうございます。
霧島店の木佐貫です!(^^)!

先日の霧島市国分向花での
完成見学会
#蔵のある25坪の平屋
#アンダーロフトのある家
#らくらく家事動線
#アクセントクロス
#狭小地 #2LDK+蔵
は、多くのお客様にご来場賜り、
大盛況のうちに終了しました!!
足をお運び頂きました皆様に
感謝申し上げます。

先日の見学会でもご相談を頂きましたが、
最近、2世帯住宅や、将来を見越しての
バリアフリー住宅のご相談も度々ございます。
中でも特に車いすでのご生活がし易いプランをと
の声が多いのですが、この点についてご紹介します。

アイフルホームのお家は、

メーターモジュール
を標準としております。

「モジュール」とは、お家づくりにおける、
設計の基準となる規格寸法の単位のことです。
この規格寸法ですが、メーターモジュールの他に

尺モジュール

があります。違いは、

メーターモジュールは1000mm(1m)を基本単位とし
尺モジュールとは910mmを基本単位とします。

これらは柱の中心と柱の中心の間の距離を指して
おり、例えば、基本単位で廊下を作る場合、
実際には柱や壁の厚さの分がありますので、
その分、廊下幅はやや狭くなりますが、一般的に
以下のような違いがあります。

モジュール                        廊下幅(有効幅)
————————————————————————-
メーターモジュール 1000mm    約870mm
尺モジュール      910mm    約780mm

————————————————————————-

JIS規格での車いすの最大寸法は、全幅700mmと定めら
れていますので、基本単位でのお家づくりでは、
尺モジュールよりもメーターモジュールの方が、
車いすなども通りやすく、バリアフリー設計にも対応
し易いというメリットがあります。

もちろん、自由設計であれば、尺モジュールでも、
細かくサイズ・オーダー出来ますが、場合によっては、
その分、建築費がアップしてしまいますので、
ご参考までにお家づくりのポイントとして押さえて
ください。

さて、次週もイベントを開催します!!
OB様宅の見学会です。詳しい内容とご予約はこちら→6/27(土)-28(日) = アカシアリビングの家 = 霧島市 OB見学会

皆様のご来場を心よりお待ちしておりますm(__)m

モデルハウス イベント お問い合わせ